植野工務店のローコストで建てる家の考え
トップページへ戻る

私そもの建てる新築を見てもらえると
これから家を建てようとする若い施主様の方から言われる事があります。

『 植野工務店さんの建てる家は高いんでしょう? 』とか

ホームページの施工写真を見られて

『 値段が高そうだね。 』

と言われました…。

確かに 『 無垢の家 』だから、手間がかかり高いと思われると思います。

でも、確かにその通りでローコスト住宅専門の建設会社様の金額に比べたら

『 無垢材・高断熱・高気密 』の家造りは値段の違いはあります。

結局ここも見た目からの判断になってしまうのです。

家の立派さや見た目は、その家の金額の価値を決めてしまいます。

私の考えはきちっと見積を書き、その、お施主様の理想に近づけるよう金額を出します。

そこまでにたどり着く前に答えが出てしまい、

『 植野工務店は高いのかな? 』になってしまい私の営業不足を痛感します。

他のローコスト住宅は結局ローコスト住宅なのです。

断熱=使う材料を落とし目に見えない所で抑える。

それが、格安で営業している住宅造りのスタイル。

あと、お施主様の希望を叶えるには、オプションオプションと追加工事金額を
オプション化させ金額が上がる仕組み。

そのオプションが普通の単価より高い事もあります。

安い家と言うのは若いお施主様の家造りの夢を叶える為の入口を作り
お客様を呼ぶのが目的。

そこからの打合せでお施主様の希望等々を伺い聞き本当の家造りの金額が出るのです。

結局ローコストであれ私の建てる無垢の家も打合せ後の金額。
そこを理解してもらいたいのです。


で、ここから書きたいのが、
 私が考える植野工務店のローコスト住宅 』 です。

ここ岩手で家の建てる。それは、夏から冬の寒暖差も大きさを理解して欲しいと言う事。

大げさに言えば40度以上も夏と冬では違う岩手です。


①断熱について

まずは、寒暖差に耐える断熱。

それを削るのを私はしたくはないです。

ローコストメーカーは大体が今の断熱は現場発泡で行っていると思います。

この断熱の詳しい話は断熱の項目を見て頂ければありがたいです。

お施主様が新築した家。その家に私は何十年と長く住んでもらいたいのです。

住むと言う事は快適な環境で暮らしていける家=夏も冬も快適な家。

その答えは結局断熱にあるのです。

そこを削ってローコストにすることを私はお勧めしないです。

でも、やはり、金額をお施主様に合わせていくには、使う断熱材を変えたり

仕様を変えたりと相談の上で金額を落としていきます。


②構造について

まず、使う木材で大きく変わっていきます。

木材で今の家造りでは金額に大きな差が出ます。

その原因は外産集成材の普及が大きいと思います。

現在の家造りのほとんどが工場加工で完成し、それを現場で組み上げる家造り。

それに、格安の外産集成材を使いコストを落とし作るので構造んく材の加工、

単価が落ちローコスト住宅じゃなくても普通のハウスメーカーも使い始めてます。

それだけ、この、構造材を使うと利益幅が大きいので

普通のはハウスメーカーも使う様になってます。

私の考えは出来るだけ国産材・県産材で構造材を使っていますし、

『 手刻みで加工し家を建てる。 』それをメインにやっていますので外産集成材は

新築で使う事は中々ありませんが、やはり、お施主さまの資金等の限界から

この構造材は外産集成材を使う事も1つの答えとして考えています。

無垢材の家は大工の手刻みが無いと作れません。

それを理解した上で、お施主様と打合せをし構造材も決めていけたらと思っています。


③住宅設備について

家を建てる上で設備が1番値段に反映するものです。

ローコスト住宅専門会社は自由に選べるものが少ないはずです。

あとは、前にも書きましたがオプション設定で付け加える。

差額が生れ、その差額で利益幅を取り値段が上がる仕組み。


設備1つ取ってもお客様の理想を叶えるとピンからキリまでの金額になり

ローコストとは言えなくなるのが答え。

システムキッチン本体価格から言うと下は10万円程度から

上は100万~200万と上がり、その差額だけでもローコストとは言えなくなります。

その事もご理解の上で私ども植野工務店にも出来るだけ金額を抑えたい家造りの相談を

頂けたらありがたいです。


家造りは平らな土地に建てる訳ではほとんどが無いと思います。

外構や給排水等、土地によって問題も出てきます。

安い家が建てれるという広告の出てる会社では結局、外構や外給排水等の

金額がまるっきり加算されてない場合もございます。

全部その土地に家を建てることで発生する工事を見据えた事を前提に考え

家を建てる事を考えてほしいです。

ローコスト住宅、安く建つ家と言うのは、お施主様を見つける為のいわゆる営業広告なのです。

その、広告に期待をして話を聞きに行っても結局私どもとあまり大差は無くというのを

よく聞きます。それをご理解の上少しでも良いのでローコスト住宅で良いと思われていても

植野工務店にも一声かけて頂ければありがたいと思います。